Lifestyle

【脱汚部屋】散らからない部屋にする7つの工夫【丁寧な暮らし】

tips-for-cleaning-up

『整理整頓されている部屋に憧れる。』

整ったお部屋はスッキリしていて気持ちが良く誰もが目指すところだと思います。

しかしそうは思っていても、ついつい部屋を散らかしてしまう。
片付けようとは思っているけど、なかなか手がつけれれない。

そんな悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

この記事では散らからないスッキリとした部屋を維持するための工夫を紹介しています。

散らかす癖があるという人は是非最後までご覧ください。

今回の内容

Instagramには簡単なまとめを投稿しています、興味がある方はこちらもご覧ください。

【脱汚部屋】散らからない部屋にする7つの工夫

断捨離する

散らかったお部屋には共通点があります。

それはモノが多いということ。

逆に言えば、モノが少なければ少ないほどそもそも散らかりにくいということです。

断捨離は散らかりにくい部屋を作るために一番大事なことと言っても良いでしょう。

一度スッキリしてしまえば、それを保とうという意思が働きます。

新品のモノを買ったときは傷つけないように大事に扱いますよね?
それと同じです。

断捨離と言ってもミニマリストみたいに家具が何もない状態にしろと言っているのではありません。

今の生活で全く使っていないものだったり、なんとなく残しているものなど捨てても支障が無い簡単な断捨離をしましょう。

そう言ったものがなくなるだけでもお部屋が片付き、散らかりにくくなります。

decluttering-list
【簡単】今すぐ捨てれる断捨離リスト8選【捨てれない人必見!】

『捨てられるもの溜まってないですか?』 断捨離をしてスッキリしたい、そう思っていても自分ではどれを捨てていいか判断できない人も中にはいるのでは? この記事では誰でも今すぐに始められる捨てるべき8のリス ...

続きを見る

床にモノを置かない

床にモノを置くと掃除を始める難易度が上がってしまうのが問題です。

埃も溜まりやすくなる上に掃除するときにはそれをわざわざ、どかさなければいけません。

あとは床にモノが投げられていると単純に散らかった印象になります。

浮かせる収納や壁にかけたりする方法が効果的です。

モノの住所を決める

モノの住所を決めることで、必ずそこの位置に戻す習慣がつきます。

その辺に放置しようという考えがなくなるのでそもそも散らかりにくくなります。

さらに探し物が少なくなるというメリットもあります。

これでリモコンやティッシュがどこにあるか探さなくてもよくなりますね。

使ったら元に戻す習慣をつける

使ったら元に戻す習慣をつけることで、使いっぱなしになって放置されていると違和感を感じるようになります。

特にドライヤーや充電器のコードなど使いっぱなしになっていると散らかった印象を与えてしまいます。

初めは面倒に感じるかもしれませんが慣れてくると一気に散らからない部屋に近づきます。

書類はデジタル化する

書類を大量に保存していませんか?

今の時代、簡単に書類をデジタル化することができます。

デジタル化により、モノが少なくなる、いつでもアクセスできるなど多くのメリットがありますのでデジタル化しても大丈夫なものはデジタル化してしまいましょう。

紙として残しておかなければいけないもの以外は、スマホで撮影して画像として保存しておけばOKです。

説明書などは製品のサイトにアクセスするとダウンロードできますので、分厚い説明書を残しておく理由はありません。

紙の書類が何枚も乱雑に散らかっていると片付けるのすら面倒になりますので、デジタル化でスッキリさせましょう。

デジタル化によって圧倒的にスマートな収納が可能です。

収納用品は買いすぎない

整理整頓のために収納用品をたくさん買う人がいますが、私は逆効果だと思っています。

そもそも収納用品を買わなければいけないほど、たくさんのモノを持っているのが大元の原因です。

収納用品が増えれば当然収納力が増えますので、そこにまた新しいモノが入ってきます。

その繰り返しでモノが増えていってしまいます。

私も収納用品を使いますが、本当に最低限のものしか使っていません。

そのほうがむしろ部屋を綺麗に整理整頓できていると思います。

後回しにしないこと

散らかった部屋は片付けを後回しにした結果と言ってもいいでしょう。

逆に片付けを後回しにしなければ部屋が散らかることはないはずです。

服の脱ぎっぱなし、洗濯物の放置、食器の片付け、どれも面倒な気持ちはわかります。

でも、後回しにしている方が後にもっと面倒なことにつながってしまいます。

汚れものの洗濯を放置していたら汚れはとれにくくなりますし、食器を洗わずに放置していたら2度洗いしなければ汚れが落ちなくなっているかもしれません。

後回しにしないで早めに取り掛かることが散らかさない秘訣です。

片付けは結局、テクニックよりも気持ちの問題だったりしますね。

片付けのモチベーションの上げ方

一番簡単なところから手を付ける

片付けは始めるまでが一番大変です。

逆に初めてしまえば続けるのは意外と苦ではありません。

簡単な掃除しかやらないつもりだったのに気づいたら家中大掃除をしていたなんて経験ないですか?

つまり、始めるまでのハードルを極限まで低くしてあげればいいのです。

床に落ちている靴下を洗濯機の中に入れるだけでもいいです。
そこからついでに洗濯もしようと、つながっていくかもしれません。

面倒くさい時でも、とにかく簡単なものを1個やる。

気づいたら結構捗っていたなんてことになっているかもしれませんよ。

綺麗な部屋をイメージする

整理整頓された綺麗な部屋をイメージして片付けのモチベーションにつなげましょう。

片付いた部屋にはメリットがたくさんあります。

お部屋が綺麗だと、心もスッキリしますよね。
逆に部屋が散らかっていると頭の中もグチャグチャに。

メンタルを整えるためにもお部屋を掃除するのは効果的です。

お部屋を散らかさないためのコツを実践してストレスのない暮らしを送りましょう。

not-feel-lived-in
生活感をなくす!今すぐにできるアイディア8選【スッキリ暮らす】

『生活感のない部屋に憧れる。』 生活感のないスッキリしたお部屋で暮らしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。 でも生活用品が既に揃っている中で生活感を消すのは中々難しい、、 この記事では、お部 ...

続きを見る

-Lifestyle
-

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.