Simplelife 筋トレ

【空いてる時間を狙え!】ジムに行く時間を工夫したら最高に快適!

time-when-the-gym-is-free

平日の仕事終わりのジム、、混んでますよね、、

仕事を定時に終わらせて意気込んでジムに向かっても、ジムの駐車場に車がいっぱい止まっていると正直やる気が下がりませんか?

ほとんどの人が『空いてる時間にトレーニングしたい』と思っているはず。

この記事では実際に私が早朝から深夜まで色々な時間帯を試して空いていた時間帯を紹介します。

  • 空いてる時間を狙ってジムにいきたい
  • 空いてる時間帯のメリット
  • 逆にデメリット

こんな悩みを解決します。

人混みでトレーニングしたくないと言う人は是非参考にしてみて下さい。

【空いてる時間を狙え!】ジムに行く時間を工夫したら最高に快適!

混雑が嫌だ!

この記事を読んでくれている読者はジムに通ってるけど、ジムでの混雑を避けたいと思っている人だと思います。

私も混んでいるジムは苦手です。

混雑してると最初からやる気が下がってしまうのが一番よくない。

密な空間はコロナウイルス感染の観点からみても危険です。
コロナ禍の中では混雑を避けると言うのが最も感染防止に役立ちます。

少し工夫をし、混雑する時間を避けて比較的空いている時間にすると快適にトレーニングできるようになるかもしれませんよ。

これから私が試して空いていた時間を紹介しますが、飽くまで目安としてお考え下さい。

どんなジムなのか、利用者層、営業時間、地域などによっても変わってくると思いますので。

平日の空いている時間

まず平日です。

  • ◎:空いてる(狙い目)
  • ◯:比較的空いてる
  • △;少し混んでる
  • ×:混んでいる
早朝
~08:00
午前
08:00~11:00
お昼
11:00~14:00
午後
14:00~17:00

17:00~21:00
深夜
21:00~
×

平日はご存知の通り、夜(17:00~21:00)が最も人が集中する時間です。
まさにゴールデンタイム。

仕事終わりの方が一斉に集まってくるためかなり混雑します。

混雑しているジムが苦手と言う人はできれば避けたいタイミングです。

20:00頃からだんだんと人が減り始め21:00~はかなり快適にトレーニングすることができます。

早朝もほとんど人がいないので早起きするのが得意と言う人は朝トレをしてみるのもいいかも しれません。

午前中は○としましたが意外と人がいたりします。

しかし、主婦層が多いためかガチで筋トレしている人は少ない印象でしたので、筋トレメインの人にとってはそこまで影響はないと思います。

お昼(11:00~14:00)は昼食のタイミングなのでほとんど人はいないですね。

狙い目な時間帯でありますが、自分の食事タイミングを考える必要があります。
生活リズムと相談要相談です。

平日の午後も比較的人が少ないですが、16:00頃からだんだんと人が増えてきます。

16:00にトレーニングを終えられるよに開始時間を逆算してもらうと人混みを避けることが可能です。

休日祝日の空いている時間

  • ◎:空いてる(狙い目)
  • ◯:比較的空いてる
  • △;少し混んでる
  • ×:混んでいる
早朝
~08:00
午前
08:00~11:00
お昼
11:00~14:00
午後
14:00~17:00

17:00~21:00
深夜
21:00~

早朝と深夜は平日と変わらず空いていますね。

お昼のタイミングも人が少ないです。

休日は休みの人が多いため、早朝、お昼、深夜を除いた時間帯は満遍なく人が多いです。

平日の夜のように特に集中する時間帯はないものの、どの時間もそれなりに混んでいますね。

休日は時間もあるので自分の好きな時間に行ってゆっくりトレーニングするのもありかもしれませんね。

空いている時間にして変わったこと

トレーニング前に1食しっかり食べれる

私は現在、ゴールデンタイムから人が徐々に帰っていく21:00頃に筋トレをスタートしています。

これまでは仕事が終わってすぐにプロテインを飲んで、混んでいるジムに突撃していました。

現在は21:00スタートなので仕事が終わってから少し時間に余裕があります。

そこで食事を1食増やすことができました。

プロテインでタンパク質を補充するよりも、固形物でしっかりと炭水化物や脂質も含む食事をするようになってから明らかに筋トレ中のパフォーマンスが高いです。

トレーニング前の食事の大切さを身を持って実感しました。

器具待ちが少ない

混んでいる時間帯の1番のデメリットは、自分の好きな器具が使えないと言うことではないでしょうか。

空いてる時間なので当然器具待ちが少ないです。

今日はどんなトレーニングをしようかと、トレーニングメニューを考えていても器具が使えなくて、順番待ちに思った以上に時間を使ってしまったり、考えていたメニューと違うメニューに変更したりと言う経験はあるあるですよね。

このストレスから開放されるのは大きなメリットです。

順番待ちなく自分の考えていたトレーニングができる、これだけでストレスフリーでトレーニングを楽しめています。

集中力が高まる

人が少ないと自分の世界に入りやすく集中力が高まります。

結果的にトレーニングのパフォーマンスが上がる可能性があります。

人が多い中でトレーニングするのは苦手と言う人は意外と多いです。

そんな人は空いている時間にすることで今まで感じていたストレスから開放され集中してトレーニングに臨ことができるようになります。

ジムで集中できないと言う人には以下の記事もおすすめですよ。

鏡を利用しやすい

トレーニングフォームを確認するのに鏡はとても役に立ちますが、周りに人が溢れているとベンチを鏡の前に移動させて〜というのが難しくなりす。

空いてる時間であれば鏡の前でトレーニングしても邪魔になることは少ないですし、鏡を最大限利用することができます。

フィットネスの大会に出る人なんかは、インターバルの時間にポージングの練習が自由にできるようになるなど意外と鏡を使えるメリットは大きいと感じています。

シャワーが使いやすい

混んでいるとシャワー待ちの時間も長くなりますね。

特に平日夜は、仕事帰りのサラリーマンさんたちがスーツで来てスーツで帰ると言う人が多く、汗で濡れたままではスーツが汚れてしまうためシャワーを利用する人が多い印象です。

人が少ないのでシャワーも使いやすいです。

積極的にジムのシャワーを使いたいとい言う人にとってはメリットになり得ますね。

夜遅い時間にトレーニングするデメリット

睡眠に支障が出る可能性がある

この記事を読んで深夜にトレーニングしようと思ってくれた人のために、夜トレーニングする場合に考えられるデメリットも紹介しておこうと思います。

まず、睡眠に支障が出る可能性があります。

筋トレによって交感神経が優位になるため、交感神経が落ち着かないと質の高い睡眠を得ることができません。

夜運動をすると眠れなくなると言った人は注意が必要です。

しかし、私の周りでは逆に夜トレーニングした方がぐっすり眠れると言う人が多いので、科学的根拠が全ての人に当てはまるわけではないと思います。

私も睡眠に影響が出ることはないですので個人差が多いのでしょう。

実際に試してみて自分はどうなのかと言うのを見極めることが大切です。

カフェインが使いづらい

上記の睡眠に支障が出ると同じような理屈ですが、深夜のトレーニングにカフェインを使うのはおすすめできません。

カフェインは筋トレのパフォーマンスを高めたりやる気を出してくれたり、トレーニーにとってありがたい成分ではありますが、深夜に大量のカフェインを摂取すると眠れなくなってしまいます。

カフェインの感受性も個人差がかなり大きいため深夜にカフェインを飲んでトレーニングしてもよく寝れると言う人がいるかもしれませんが、私は以前よりカフェインを使用する頻度が下がりました。

深夜の時間帯が空いてると言ってもトレーニング前にカフェインをガッツリ摂取すると言う人には深夜の時間帯はおすすめできないですね。

ジムでの知り合いに合わなくなる

ジムで知り合いになり、一緒にトレーニングしたり会話したりを楽しんでいる人も多いでしょう。

深夜トレーニングに切り替えることによって知り合いと出会う確率が減ります。

仲間とワイワイ楽しみたいという人にとってはマイナスポイントです。

逆にあまり遭遇したくない人がいる場合はいいかもしれません。

テストステロン値が低いと言われる

筋トレに関する重要なホルモンとして『テストステロン』がありますね。
皆さんも聞いたことくらいはあるでしょう。

テストステロンのレベルが高いと筋肉がつきやすいとされています。

しかし、テストステロンのレベルと言ってもテストステロンの分泌には日中変動があり、1日の中でも微妙にレベルが変わってきます。

テストステロンの分泌は朝の方が高く夜は低いと言う科学的データがあります。

『えっ、じゃあ夜より朝のトレーニングした方がいいの?』と思った人もいるでしょう。

ですが、そうとも限りません。

筋肉を分解してしまうと、トレーニーには何かと嫌われがちな『コルチゾール』。

コルチゾールのレベルは朝が最も高いです。

色々な要素を考えると、どの時間帯にトレーニングするのがベストなんて複雑すぎて簡単に答えを出すことはできないのです。

私は好きな時間にトレーニングすればいいと思っています。
本人にとってそれが一番なのであればそれでいいです。

実際に21:00~のトレニングに切り替えてから私はすごい調子がいいです。

この記事を参考に、ジムの混雑具合や自分のライフスタイルを考えながら自分に最適なトレーニング時間を見つけて欲しいと思います。

きっと今まで以上に快適に筋トレができるはずです。

よく読まれている記事

favorite-all-black-item 1

普段よく身につけるものは色を統一するとそれだけで気分が上がります。 さまざまな色が混ざるのも素敵ですが、私は統一してシンプルにしたい。 この記事ではシンプリストの私が愛用している、普段身につけるオール ...

favorite-consumables 2

『たとえ消耗品であっても、いいものはいい。』 みなさんはリピートして使っている消耗品はありますか? 人は新しいものに惹かれる性質を持っています。それを踏まえた上で、リピートしている物は本当にお気に入り ...

reduction-of-fixed-costs 3

『固定費を減らせば楽になる。』 固定費を何とか節約したい固定費が高くて貯金まで手が回らない生活費を少なくしてもっと楽に暮らしたい 固定費に悩まされている人も多いのではないでしょうか? この記事では、私 ...

anker-mobile-battery 4

『普通のモバイルバッテリーには戻れない。』 モバイルバッテリーって使いたい時に充電を切らしていて使えないことがありませんか? 実は、そんな心配が無用なモバイルバッテリーがあります。 コンセント一体型に ...

recommended-subscription-service 5

『サブスクは賢く利用する』 サブスク選びで失敗してしまった、値段以上の価値を感じなかった、そんな失敗をしてしまった人もいるかと思います。 サブスク選びは、自分のライフスタイルと相談することが大切です。 ...

-Simplelife, 筋トレ
-

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.