Lifestyle

狭い部屋でもおしゃれにできる!?【スモールインテリアのコツ7選】

small-room-interior

『狭いお部屋でもおしゃれな部屋にしたい、、』

一人暮らしを始めてインテリアを楽しみたいけど、お部屋が狭くて諦めていませんか?

狭いお部屋でもいくつかのポイントを押さえればおしゃれに見せることができます。

この記事では、たとえ狭い部屋でもインテリアを楽しめるように、ここは抑えてほしいと言うポイントを解説しています。

狭い部屋だからと諦めずに、インテリアを楽しみましょう。

今回の内容

インスタにも簡単にまとめたものを投稿しています、興味がある方はこちらもご覧ください。

狭い部屋でもおしゃれにできる!?【スモールインテリアのコツ7選】

狭い部屋で大事なのは部屋を狭いと思わせないこと。

部屋を広く見せる工夫や、圧迫感を感じさせない工夫が有効です。

以下は私が実際に実践しているポイント。

  • 大きな家具は最低限
  • 背の高い家具は控える
  • 空白を大事にする
  • 黒を使いすぎない
  • 備え付けの無駄なものは外す
  • 鏡を置く
  • インテリア用品は厳選する

それぞれ簡単に解説していきます。

大きな家具は最低限

大きな家具はどうしても存在感が出てしまうので部屋を圧迫する原因になります。

お部屋を広く見せるには大きな家具は置かないのが1番。

とは言っても大きな家具を全く置かないのは難しいので、最低限にしましょう。

ちなみに私の家の大型家具は家電を除くとはベッドのみです。
ベッドは睡眠の質を上げるために必要なので残しています。

大型家具がなくなるだけで一気にお部屋を広く見せることができます。

ソファーの代わりにビーズクッションを使うなどの工夫も有効です。

背の高い家具は控える

背の高い家具も部屋を狭く見せてしまう原因になります。

背が高いとどうしても大きく見えてしまうからです。

天井との距離も近くなり圧迫感を感じてしまいやすいです。

逆に天井が高いお部屋は実際よりも広く見えますよね。

仮に大型家具のベッドやソファーを置く場合はロータイプにすることで圧迫感を最小限にすることができます。

空白を大事にする

お部屋を内見に行った時は広いと感じたけど、実際に住んでみるとやっぱり狭いなと感じる、、そんな経験ないですか?

それは物が置かれて空白が少なくなったから。

仮におしゃれな家具をたくさん集めたとしても狭いお部屋に詰め込んではごちゃごちゃしただけでおしゃれには見えません。

空白もデザインを考える上ではとても重要なポイントです。

特に狭いお部屋にこそ空白は重要だと思います。

不要なものはできるだけ断捨離してスッキリさせて、お部屋にもある程度のゆとりを持たせることがおしゃれなインテリアを作ることに繋がります。

黒を使いすぎない

狭いお部屋で『黒』を使いすぎてしまうと圧迫感を与えてしまいます。

確かに黒はカッコよく人気のカラーで、私も黒が大好きです。

高級感やクールな印象を与えることができますが、その反面圧迫感を与えてしまうという側面もあります。

私は一時期、狭い部屋に黒のソファーを置いていた時期があって、今思えばかなり部屋が狭く見えていたことでしょう。

そんな注意が必要な黒ですが特に気をつけてほしいのがカーテン

カーテンは面積が広いので狭い部屋で黒のカーテンを使うのはかなり難しいです。

とは言っても、黒を全く使うなと言ってるわけではありません。

私の部屋でも黒を取り入れていますので、部屋が狭く見えないようにポイントポイントで落とし込むようにすると良いでしょう。

備え付けの無駄なものは外す

備え付けがあるのはありがたいですが、無駄なもの出てきますよね。

そう言ったものは思い切って外してしまいましょう。

不要なものはとことん取り除いてスッキリしたお部屋を目指したいです。

我が家では窓の内側についていた網戸が無駄だったので取り外しています。

ただし、復元ができない場合や自分で元に戻せる自信のないものは無理に触らない方が無難です。

鏡を置く

鏡を置くことでお部屋が広く見えます。

鏡があることで奥行きが感じられてその分部屋を広く見せる効果があります。

ダンススタジオなど、鏡張りのお部屋は実際よりも広く見えるのがよくわかります。

おすすめは全身鏡です。

身だしなみのチェックを全身のバランスを見ながら行えるのは小さな鏡には無いメリットで一石二鳥の効果があります。

壁に貼れる薄くて軽いタイプや仮に倒しても破片が飛び散らないものなど色々な種類の鏡が売っていますので自分に最適なものを探してみてください。

インテリア用品は厳選する

おしゃれだからとインテリア用品はたくさん置かないようにしましょう。

狭い部屋ではかえって逆効果になります。

どんなにおしゃれなインテリア用品でも無駄に多く飾ってあるとおしゃれには見えにくいです。

空間にゆとりがある場合はいいですが狭い部屋では厳選した方がより映えます。

個人的には観葉植物やドライフラワーなどがおすすめです。

コンセプトを大事に

お部屋作りにはコンセプトがとても大事です。

ここがブレていると自分が納得したお部屋を作ることは難しいです。

私はモノを持ちすぎないシンプルな暮らしをしているので、最低限の持ち物でおしゃれなインテリアを作ることをコンセプトにしています。

特に気をつけていることは、

  • モノは持ちすぎないこと
  • 統一感を出す
  • 生活感をなくす

たとえ、狭い部屋でも、最低限の持ち物で自分が納得するようなおしゃれな部屋を目指しています。

あとは、コンセプトと共に統一感を出すというのはおしゃれな部屋を作る上で大切にしなければいけないことです。

お部屋のインテリアに限った話ではないですが統一感があると一気におしゃれな印象になります。

ファッションでもそうですが何色もの色を使ってコーディネートを組んでもおしゃれには見えませんよね?

お部屋のインテリアを考える時も統一感を意識してみてください。

狭い部屋には狭い部屋なりのメリットがありますから、狭い部屋だからと諦めないで自分なりに工夫しながらインテリアを楽しみましょう。

-Lifestyle
-

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.