読書

【社会人こそ読書をするべき】本を読むだけで上位50%になれるわけ

reading-working-adult

社会人で読書をしている人は思っている以上に少ない。

本当は読書に時間を当てたいけど仕事が忙しくて、、という人も多いことでしょう。
でも、それで読書を諦めるのは本当にもったいない。

社会人が読書をするメリットは計り知れないからです。

この記事では実際に年間100冊以上の本を読んでいる私が、社会人が読書をするべき理由について解説しています。

  • 社会人が読書をするメリット
  • 忙しくても読書を習慣化する方法
  • 仕事に役立つおすすめの本が知りたい

こんな疑問を解決します。

目次

  1. 社会人だからこそ読書をするべき理由
  2. 忙しい社会人でも読書習慣を身につける方法
  3. 社会人なら読むべきおすすめの本【8選】

社会人だからこそ読書をするべき理由

社会人の読書量の平均は

月に1冊でも本を読むことで、上位50%に入ることができます。

これは、平成 30 年度「国語に関する世論調査」からも明らかです。

全国 16 歳以上の男女 約2000人を対象にしたこの調査では、

  • 1ヶ月に本を読まない人: 47.3%
  • 1~2冊:37.6%
  • 3~4冊:8.6%
  • 5~6冊:3.2%
  • 7冊以上:3.2%
  • わからない:0.1%

― 47.3%が1か月に1冊も本を「読まない」と回答―

引用元:平成 30 年度「国語に関する世論調査」

月に1冊でも読めば上位50%、月に5冊本を読むだけで上位10%以内に入れるということですね。

義務教育が終わったら、多くの人は読書をしなくなってしまうのが現状です。

だからこそ、意識して読書をすることが大事だと言えるでしょう。

社会人が読書をするメリット

読書をするメリットは非常に多く、あげればキリがありませんが、社会人が読書をすることで得られるメリットは大きく3つあります。

  • 仕事に役立つ知識がつく
  • 年収アップにつながるかも
  • リラックス効果がある

それぞれ解説していきます。

仕事に役立つ知識がつく

読書をすることで、仕事に役立つ知識を得ることができ、今まで以上に仕事を有利に進めることができます。
なぜなら、本からは義務教育では習わない、ビジネスに関する知識が手に入るからですね。

ビジネスに関する知識は、自分から学ぼうとする姿勢が大事です。

例えば、営業をやっている人なら、営業が上達するための本を読めば、その知識をすぐさま仕事に生かすことができます。

ビジネスマナーや人との話し方のコツを本から学べば、どんな職種の人でも役に立つはずです。

社会人になって、読書をして勉強をしている人は周りにどれだけいるでしょうか。

読書で得たその知識を仕事に生かすことで周りと差をつけることができるでしょう。

年収アップにつながるかも

読書をすることで、スキルアップや収入アップにつながるかもしれません。

実際に、誰もが知っている投資家ウォーレン・バフェット氏や、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、テスラCEOのイーロン・マスク氏は読書家だそうです。

世界中の名だたる成功者は皆、どんなに忙しくても読書をする習慣をもっています。

実際にビジネスで成果を出している人を見ると、読書がどれだけ重要か説得力がありますよね。

年収をアップさせたいと思う人は、がむしゃらに頑張るだけでなく、仕事を有利に進められるように読書で知識量を増やしましょう。

リラックス効果がある

読書をすることでリラックスできます。
なぜなら本を読むことに集中することで、読書以外のモヤモヤしていた感情を沈めることができるからですね。

例えば、寝る前の読書タイムはリラックスして入眠の助けになります。
朝起きてからの読書タイムは、1日の活力を高めてくれます。

本を読むのに没頭していたら、ずいぶん時間が経過していたなんて経験あるのではないでしょうか?

仕事でストレスの多い社会人こそ、読書をして頭をスッキリさせましょう。

忙しい社会人でも読書習慣を身につける方法

時間のない中でも読書習慣を身につけるためのポイントは3つ。

  • 隙間時間に読書をする
  • kindleを使うこと
  • 途中で読むのをやめてもいいこと

それぞれ解説していきますね。

隙間時間に読書をする

時間がないなら、隙間時間をうまく利用しましょう。

どんなに忙しい人でも探してみると、意外と時間はあるものです。

例えば、

  • 通勤時間
  • なんとなくスマホを使っている待ち時間
  • バスタイムと一緒に
  • 寝る前の時間

暇があれば、スマホを取り出してSNSや動画を見て時間を潰している人は多いのではないでしょうか。

そんな時間に、スマホの代わりに本を取り出すと決めておけば、隙間時間を読書の時間に変えることができますよ。

隙間時間を生産的な時間にするために、本を携帯し読書をする時間に当ててみてください。

kindleを使うこと

Kindleを使ってスマホ自体を本にしてしまうのもおすすめです。
kindleの専用のデバイスがなくでもスマホにkindleアプリをダウンロードすれば、スマホで本が読めます。

目的意識なくスマホを手に取ってしまったら、kindleのアプリを立ち上げると決めておく。
そうしたら、スマホに時間を奪われません。

電子書籍には電子書籍なりのメリットがあります。

  • いつでも大量の本を持ち歩ける
  • 読書がより手軽になる
  • 読みたい本はすぐに買える

紙の本の良さも捨て難いですが、Kindleは忙しい社会人にとってはメリットが非常に多いです。
いつでも本にアクセスできるように社会人こそKindleを使うことをお勧めします。

kindleデバイスのKindleペーパーホワイトは本当に質感が紙なので、電子デバイス特有の目が疲れるという欠点がありません。
活字をゆっくり読みたい時には非常にお勧めです。

“関連記事”
benefits-of-e-books
【紙の本やめました】電子書籍にして感じたメリットとデメリット

私は、電子書籍というサービスが流行ってきてからもなかなか移行できませんでした。 それは紙の本が好きだったからです。 でも数年前に思い切って電子書籍に変えて現在も電子書籍を使っています。 電子書籍を検討 ...

続きを見る

“関連記事”
kindle-unlimited-cost
Kindle Unlimitedで元を取るため最大限利用し尽くす方法

Amazonの本の読み放題サービス、『Kindle Unlimited』。 読み放題は魅力的だけど、本当に価格に見合う価値があるのかどうか心配な人は多いことでしょう。 この記事では、年間100冊以上の ...

続きを見る

途中で読むのをやめてもいいこと

本は途中で読むのをやめてもいいんです。
なぜなら、楽しく読書をしないと記憶の定着率も悪く時間の無駄になってしまうからです。

最初から最後まで一字一句全てを読まなくてもOK。
途中で内容がつまらないなと思ったら次の本に移ってOK。

つまらない本を読んでも単純に面白くないですよね。

楽しく読書をすることが、結果的にたくさん本を読むことにもつながります。

途中で本を投げ出すのはお金がもったいないと感じる人には、kindle unlimitedをお勧めします。

月額980円で200万冊の本が読み放題になるサービスです。
数多くのベストセラーが読み放題になります。

Kindle Unlimitedを使うことで、本を途中で投げ出しても、もったいないと感じることがなくなります。

月に二冊ほど読めば元は取れるので圧倒的にお得ですね。

私が年間100冊以上の本を読めるのも、Kindle Unlimitedの存在が大きいです。

Kindle Unlimitedの無料体験をしてみる

※体験期間中に解約すれば料金はかかりません

“関連記事”
impression-of-kindle-unlimited
Kindle Unlimitedで年間200冊以上読んだ感想 いくらお得になった?

Kindle Unlimitedに興味があるけど、実際はどんなんだろう?と疑問を持っている人は多いことでしょう。 この記事ではKindle Unlimitedを使って年間200冊以上の本を読んでいる私 ...

続きを見る

社会人なら読むべきおすすめの本【8選】

年間100冊以上の本を読む私が、社会人にお勧めする仕事に活かせる本を紹介していきます。

人を動かす

著者:D・カーネギー

営業、対人関係、社会人に必須のコミュニケーションを円滑に図るための1冊。
思い通りに人を動かせたらビジネスに有利なのは言うまでもない。

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

著者:越川 慎司

上位5%の社員にはどんな習慣があるのか。
そうだよねと納得できるようなものから、意外な習慣までが明らかになっています。

嫌われる勇気

著者:岸見 一郎

「嫌われるのが怖い」そんな人に勇気を与えてくれる1冊。
時には自分の意思を主張して。

夢をかなえるゾウ1

著者:水野敬也

個人的No.1自己啓発本。
夢をかなえたい主人公と、ガネーシャとの掛け合いが面白くスラスラ読めます。

読み終えた時には自分も頑張ろうと不思議な感覚になりました。

失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

著者:マシュー・サイド

単純に失敗の事例として面白い。
自分の失敗なんて小さいものだと思える。

人々はなぜ失敗から学ばないのか、失敗を減らすにはどうしたらいいのかを考える1冊。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

著者:ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド

私たちが普段からいかに思い込みに囚われているのかを指摘してくれる1冊。
固定概念に囚われずに、謙虚に柔軟な思考を持つことで、ビジネスに役立つはず。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

著者:グレッグ・マキューン

時間がないと嘆く人は本当に時間がないのか?
本当に必要なものを見つめ、不要なものを減らしていく、エッセンシャルな思考を身につけよう。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

著者:リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット

人生100年時代。
仕事も生活様式も多様化し、自分のステージに合わせて生き方を最適化していく。

今後の人生設計の参考にするために、若い人にこそ読んで欲しい1冊。

もっと、素晴らしい本をたくさん読んでみたいという人にはKindle Unlimitedがおすすめです。

Kindle Unlimitedで読めるおすすめの本は以下の記事で解説しています。
『関連』【2022年最新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ本!厳選60冊

Kindle Unlimitedの無料体験をしてみる

※体験期間中に解約すれば料金はかかりません

社会人こそ読書をするべき理由【まとめ】

まとめです。

  • 社会人が月に1冊でも読書をすることで、上位50%になれる
  • 社会人の多くが学ぼうとしない現状、読書をしている人は仕事で有利に立てる
  • ビジネスに役立つ本はたくさんある、興味がある本があればどんどん読んでみよう

あなたも読書習慣を身につけて、上位50%になりましょう。

Kindle Unlimitedの無料体験をしてみる

※体験期間中に解約すれば料金はかかりません

“関連記事”
benefits-of-reading-book
【読書年間100冊を達成する方法とその効果】本を読もう。

社会人が1カ月で読む本は平均2.2冊だそうです。そんな中、年間100冊読書をすることを目標に掲げている人もいると思います。 私の2021年の読書数は237冊でした。 この記事では実際に年間100冊以上 ...

続きを見る

“関連記事”
kindle-unlimited-recommend-book
【2022年版】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ本!超厳選60冊

月額980円で200万冊の本が読み放題になる『Kindle Unlimited』。 200万冊といっても、数が多すぎて実際にどんな本があるのか疑問に思っている人も多いことでしょう。 この記事では、年間 ...

続きを見る

-読書
-, ,

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.