断捨離

ミニマリストには紙の本より電子書籍Kindleをおすすめしたい

minimalist-e-book

ミニマリストは紙の本か電子書籍かどっちがいい?

こんな疑問に答えます。

sora

こんにちは、sora(@sora_0010)です。最低限の持ち物で暮らすミニマリストで年間200冊以上の読書をする本の虫です。

電子書籍も紙の本も、それぞれメリットがあってどっちにしようか悩んでいる人は多いと思います。

読書を楽しんでいる、ミニマリストの人は多いと思うので、本との付き合い方は結構悩みますよね。

この記事を読むことで具体的に以下の悩みが解決します。

  • ミニマリストには電子書籍と紙の本どっちがおすすめ?
  • 電子書籍にするメリットは?
  • 違和感なく紙の本から電子書籍に移行する方法

快適に読書ができるように、本のミニマル化についての問題を解決しましょう!

目次

  1. ミニマリストに電子書籍Kindleをおすすめする理由
  2. 電子書籍に移行できない理由と解決策
  3. ミニマリストに電子書籍専用端末は必要か?
  4. ミニマリストにおすすめなのは紙の本?電子書籍?【まとめ】

ミニマリストに電子書籍Kindleをおすすめする理由

ミニマリストと電子書籍の相性がいい理由は4つあります。

  • 紙の本をデジタル化して断捨離できる
  • 本を常に携帯できる
  • 電子書籍の方が本の値段が安い
  • 読み放題という便利なサービスが使える

それぞれ解説してきます。

紙の本をデジタル化して断捨離できる

まず、電子書籍にすることで紙の本を断捨離できます。

持ち物を減らしたいミニマリストにとっては大きなメリットです。

本はたくさん集めると場所をとるし、本棚という別の荷物が必要になったりと、結構な持ち物になってしまうんですよね。

一方、デジタルデータなら、物理的なモノは必要ありません。

たくさんの本を片付けたり、シリーズ毎に並べたりする作業も不要に。

紙の本の良さも確かにありますが、電子書籍の方がより現代的でスマートだと言えるでしょう。

紙の本を断捨離したいと考えている人は、電子書籍に移行するのをおすすめします。

荷物を増やさずに本を常に携帯できる

電子書籍を使うことで、大量の本を常に携帯することができます。

スマホにKindleアプリを入れておけば、手ぶらで出かけても本が読めるんです。

紙の本を持ち歩く習慣がある人でも、常に持ち歩けるのは1冊か2冊が限度でしょう。

一方、デジタルデータの持ち運びには、物理的な質量は関係ありません。
つまり自分の所有している本全てを常に携帯できるということ。

スマホ1つがデジタル図書館になります!

荷物を増やさずに本が読めるのは最高ですよ。

電子書籍の方が本の値段が安い

電子書籍の方が紙の本よりも値段が安いです。
本を作る上での、紙や印刷代がかからないからでしょう。

平常運転で値段が安いだけでなく、たびたび開催されるセールでさらに安く本を購入できます。

読みたい本があるのならば、速攻購入して、お金を惜しむべきではないと思っていますが、安いに越したことはありませんよね。

ミニマリストの多くの人は、断捨離を経て無駄な時間をなくし、その分を読書など有効な時間に使っています。

多くの本を読み、自分の能力を高めるためインプットをすることは本当に素晴らしい習慣なので、ぜひ継続してほしい。

本をたくさん読む人なら、電子書籍を使うことで本にかけるお金を節約することができますよ。

読み放題という便利なサービスが使える

電子書籍にしかないメリット、それは本の読み放題サービスが使えることです。

本の読み放題サービスを使う利点

  • 圧倒的にインプットが増える
  • 読書にかけるお金を節約できる
  • 幅広いジャンルの本が読めて世界が広がる

Kindleのサブスク『Kindle Unlimited』を使えば、毎月980円で無数の本を読むことができるようになります。

毎月2冊以上の本を読む人なら間違いなく、読み放題の方がお得です。

お得に読書を楽しめる便利なサービスが使えるのも、電子書籍のメリットですね。

『関連』Kindle Unlimitedで元を取るため最大限利用し尽くす方法

『関連』【Kindle Unlimited】無料体験で読めるおすすめ本!超厳選60冊

電子書籍に移行できない理由と解決策

電子書籍のメリットはわかったけど、紙の本から電子書籍に移行するためには結構大きなハードルがあることも確かです。

紙の本が好きな人でも電子書籍に移行するための対策を紹介していきます。

目が疲れる

電子書籍を敬遠してしまう理由の第1位は、『目が疲れる』でしょう。

確かに、バックライトの強い画面で長時間の読書は目に負担をかけます。

解決策はKindle Paperwhite』を使うことです。

Kindle Paperwhiteは、紙の本の質感をそのまま再現した読書専用デバイスです。

紙の質感を再現するため、特殊なインクで文字を浮かび上げ、フロントライトで照らすという仕組みになっています。

スマホやPCとは文字の表示の仕方が全くの別物。

ブルーライトもほとんど出ないので、長時間の読書でも本当に快適です。

目が疲れるから電子書籍が使えないという人は、Kindle Paperwhiteを導入することで解決できます。

現在所有している本は買い直さないといけない

紙の本を完全に0にする場合、現在所有している本は、同じ本を電子書籍版で買い直さなければいけません。

これも確かに、高いハードルの一つですね。

しかし、電子書籍版は本の値段がそもそも安いです。
おまけに、セールなどを活用すればさらに安く本を手に入れられますし、読み放題サービスを使えば圧倒的なコスパで読書が可能です。

本との付き合いはおそらく人生の最後まで続くことでしょう。

長い期間を考えると、電子書籍に移行しておいた方がむしろ安上がりになるということは明白です。

よくよく考えてみると手元にある本で、もう一度読み返したいなと思える本は意外と少ないのではないでしょうか。

持っている本を電子書籍で買い直したとしても、長い目で見れば電子書籍の方がお得ですよ。

やっぱり紙の本の質感が好き

紙の本には独特の良さがあります。これは本当によくわかります。

ページを1枚1枚手で捲る感触、何とも言えない紙とインクの匂い、本を所有しているという感覚。

確かにどれも電子書籍にはない、アナログだからこその良さです。

こればかりはどうしようもありません。
実際に私も紙の本が好きです。

そこで、本当にお気に入りの何回でも読み直したいと思える本のみ、手元に紙の本として残しています。

紙の本が好きな私でも、普段の読書は電子書籍の方が便利だなと思うので、メインは電子書籍で。
アナログの質感が恋しくなった時に、お気にりの紙の本を読むというスタイルが非常におすすめです。

ミニマリストに電子書籍専用端末は必要か?

最低限の持ち物で生活したい人は

電子書籍専用端末はあると便利なのは間違いありませんが、なくても読書はできます。

本当に最低限の持ち物で生活することを目標にしている人は、スマホだけでも読書ができるので無理に買わなくても大丈夫です。

スマホやパソコンにKindleのアプリを入れれば電子書籍が読めますので。

ただ、読書が好きで本をたくさん読むという人なら、専用端末はあったほうがいいかなと思います。

まずは、スマホでの読書がどんな感じか試してみてくださいね。

本を読むのはたまにくらいで、とにかく持ち物を減らし人は、Kindle専用デバイスがなくてもOKです。

快適に読書をするならKindle Paperwhite

アマゾンにはKindleデバイスが何種類かありますが、快適に読書をするなら『Kindle Paperwhite』がもっともおすすめです。

Kindle Paperwhiteのメリット

  • 何よりも目に優しいこと
  • ブルーライトがほとんどないので寝る前でもOKなこと
  • 防水性があり風呂に入りながら読書ができること

紙の本の質感が好きという人でも違和感がないのでKindle端末は、Paperwhite一択ですね。

家にいるときは、Kindle端末で快適に読書。
外出先の隙間時間潰しには、スマホで読書と使い分けるのもいいですよ。

ただ一つKindle Paperwhiteの注意点としてカラー表示ができません。

活字や漫画を読む分には目が疲れなくて最適ですが、雑誌や写真集などカラー表示が必要な本を読むには適していません。

雑誌を読むための端末ではないとわかっているので、あまり問題になりませんが。

ミニマリストにおすすめなのは紙の本?電子書籍?【まとめ】

この記事では『ミニマリストには電子書籍がおすすめな理由』を解説しました。

要点のまとめ

  • 電子書籍にすれば大量の本をデジタルデータとして保存できる
  • 本を安く入手したい場合も電子書籍がおすすめ
  • Kindle Paperwhiteを使えば、紙の本派でも電子書籍に移行可能

いつでも好きな本が読める電子書籍は本当に便利で、もう電子書籍なしの生活には戻れません。

しかし、私もふとした拍子に、「紙の本が読みたいな〜」と思うときもあります。
そんな時は、紙の本としてどうしても手元に置いておきたくて残している、お気に入りの本を手に取ります。

例外は置いておいて、毎日快適に読書をするためにはやはり電子書籍が便利です。

紙の本から電子書籍に移行したいと考えている人は、お気に入りの本のみ手元に残し、電子書籍に移行してみてください。

きっと今よりも読書が捗るはずですよ。

本好きにおすすめな、読み放題はこちらから

“合わせて読みたい”
audible-impression
【audibleを使ってみた感想】聴く読書という新体験を始めよう

聴く読書のオーディブルって実際どうなの? Amazonが提供している聴く読書のオーディブル。最近何かと話題の音声コンテンツ、気になっている人も多いのでは? soraこの記事では、年間200冊以上の本を ...

“合わせて読みたい”
minimalist-recommend-book
ミニマリストになりたい人におすすめの本【全20冊】断捨離の助けに

ミニマリストになりたいけど、断捨離が捗らないという人も多いことでしょう。 この記事では年間200冊以上の本を読む私が、ミニマリストになりたい人に是非読んで欲しい本を紹介しています。 この記事で紹介して ...

“合わせて読みたい”
kindle-unlimited-recommend-book
【2022年版】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ本!超厳選60冊

月額980円で200万冊の本が読み放題になる『Kindle Unlimited』。 200万冊といっても、数が多すぎて実際にどんな本があるのか疑問に思っている人も多いことでしょう。 この記事では、年間 ...

“合わせて読みたい”
impression-of-kindle-unlimited
Kindle Unlimitedで年間200冊以上読んだ感想 いくらお得になった?

Kindle Unlimitedに興味があるけど、実際はどんなんだろう?と疑問を持っている人は多いことでしょう。 この記事ではKindle Unlimitedを使って年間200冊以上の本を読んでいる私 ...

-断捨離
-, ,

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.