読書

【読書量を増やす】もっと本が読みたくなる具体的方法

increase-reading-volume

時間がないけど、読書の量をもっと増やしたい。

本を読むことは素晴らしい習慣です。
しかし多くの人は、忙しいとか、時間がないとかで読書をあまりしません。

社会人になってからというもの、普段から読書をしている人としていない人では、明らかに知識の量に差があるなと感じます。

この記事では、年間200冊以上の本を読む私が、読書量を増やすための具体的な方法を紹介しています。

  • 本をたくさん読む方法が知りたい
  • 時間がなくて読書ができない
  • 読書で人生をもっと良くしたい

こんな人におすすめの内容となっております。

目次

  1. 【年間200冊以上読める】読書量を増やす具体的な方法
  2. 【読書量が増える】人生を豊かにする時間の使い方
  3. 読書量を増やす方法【まとめ】

この記事を読んだ後は、ただ読書量を増やせるだけでなく、読書を純粋に楽しめるようになっているはずです。

【年間200冊以上読める】読書量を増やす具体的な方法

まず私が考える読書の量を増やすために一番大切な考え方を紹介したいと思います。
本と向き合う上で最も重要なことです!

素敵な本に出会うこと【最も重要】

この記事で一番伝えたいことは、『自分を変えてくれるような素敵な本に出会うこと』こそが最も大切だということです。

読書量を増やすための方法として、速読とか、要点のみ読み進めるとか、様々な方法がありますが、そんなことよりも読みたい本が手元にあることが大事。
なぜなら、本当に面白く読んでいて楽しい本であれば、例え時間がないとしてもその本を読みますよね。

1冊の素敵な本当の出会いから、本が好きになれば、また別の本を読みたくなるはず。

ただノルマをこなすだけの速読よりも、ゆっくりでも楽しいと思いながら読書をしていくことの方が、内容の濃い学びが得られるでしょう。

今すぐにでも読みたいなという本に出会うこと、そしてその本を手元に置いておくことが、読書量を増やすために最も大事なことだと思います。

ここからは、私が年間200冊以上の本を読むために具体的にやっている方法を紹介していきます

電子書籍を使う

電子書籍を使うことで読書量は増えます。
なぜなら、いつでもどこでも本が読めるようになるからですね。

私はKindleを使っていますが、おかげでスマホがあればどこでも読書ができるようになりました。

常に紙の本を携帯しているのは現実的ではないですから、いつも持ち歩くスマホで本が読めるなら便利ですよね。

電子書籍を利用し始めてから、待ち合わせ時間に相手が遅れたとしても、本を読んで時間を潰せるので、相手にイライラすることも無くなりました。

確かに紙の本のメリットもありますが、外出用として電子書籍を利用してみてはいかがでしょうか。

Kindle Unlimitedを利用する

Kindle Unlimited』はKindle本の読み放題のサブスクです。
月額980円で200万冊という大量の本が読めるというのが最大の売り。

Kindle Unlimitedを使っているのは、単純に本にかけるお金がお得になるからですね。

年間200冊以上の本を全て定価で買っていると、かなり大きな金額になります。
読書にはリターンがあるとはいえ、出費を少なくしたいのは事実ですから、かなり助かっていますね。

常に読みたいタイトルが出てくるので、Kindle Unlimitedのおかげで年間200冊以上を読めていると言っても過言ではありません。

読書量を増やしたいという人にとってKindle Unlimitedは最高のサブスクです。

Kindle Unlimitedの無料体験をしてみる

体験期間中に解約すれば料金はかかりません

Kindle Unlimitedに関するおすすめ記事もチェック!

お風呂に入りながら本を読む

湯船に浸かりながら、まったりリラックスして本を読む、控えめに言って最高な時間です。

個人的にリラックス状態での読書はいつもり捗るので、読書量を伸ばすために貴重な時間。

紙の本はさすがに風呂場には持ち込めませんから、防水のスマホやKindleデバイスを使って、お風呂読書を楽しんでいます。

隙間時間を有効活用したい人は、風呂に入りながの読書がおすすめです。

寝る前の読書をルーティーンにする

寝る前の布団の中でも本を読みます。

自然と睡魔が襲ってきて、気持ち良く入眠できますので、睡眠の質が上がりますよ。

私は、電気を薄暗くした状態で、KindlePaperwhiteを使って読書をしています。

デジタルデバイスだと目が痛くなる人でも、KindlePaperwhiteなら質感が『紙』そのものなので目が痛くなりません。
電気を暗くしても本が読めるので、寝る前の読書に最適なんですよね。

睡眠前の読書をルーティン化して、読書量を増やしつつ睡眠の質も向上させましょう。

『関連』【紙の本やめました】電子書籍にして感じたメリットとデメリット

オーディブルを使う

Amazonのオーディオブック『Audible』を使うことで聴く読書ができます。
簡単に言うとプロのナレーターが本を読み上げてくれる音声サービス。

オーディブルの最大のメリットは、『ながら読書』が捗ることです。

例えば、

  • 散歩をしながら
  • 料理を作りながら
  • 通勤時間、電車に揺られながら

隙間時間を最大限有効活用するためのサービスといっても過言ではありません。

私がオーディブルを使っているのは、毎月1冊本が無料になるからです。

Kindle Unlimitedの対象になっていない本でもオーディブルなら無料の対象になっていることがあり、そういった本を狙ってお得に使っています。

何はともあれ、オーディブルは読書量を増やしたいけど時間の限られている人にとっては最高のサブスクです。

Audibleの無料体験をしてみる

体験期間中に解約すれば料金はかかりません

【読書量が増える】人生を豊かにする時間の使い方

読書の時間を増やすためには、毎日の時間の使い方も見直す必要があります。
人生を豊かにするためにも読書時間を増やしましょう!

テレビを断捨離する

無駄な時間を減らすために、実際に一番効果があったと思うことは、テレビを断捨離したことです。

  • 家に帰ってきたら理由もなく、とりあえずテレビを付ける
  • 知らない誰かの不幸のニュースや興味のない芸能関係のニュース
  • だらだら長時間眺めてしまう番組

これらがなくなるだけで、時間が増えていることに気づくはずです。

全ての人にテレビを捨てろとは言いませんが、目的がなければテレビの電源を消して、読書の時間に当ててみてはいかがでしょうか。

通勤時間で読書をする

通勤時間に読書をすることで、朝からやる気に満ち溢れることができます。

毎日必ずある通勤の時間、この時間を利用しない手はありません。

徒歩や電車に乗っている際に、本を開くのが難しければ、オーディブルで聴く読書ができます。

通勤時間に周りを見渡してみてください、多くの人が目的もなくスマホで時間を潰しているはずです。

そんな中本を読むという行動は、自己肯定感をあげてくれる素晴らしい習慣となることでしょう。

もしかしたら、本を読むことができる通勤時間が楽しくなるかも知れません。

通勤時間がもったいないと感じている人は、読書をして時間を有効に使いましょう。

『関連』通勤時間を有効活用するおすすめ方法5選!積み重ねで人生変わる!

読書を楽しい趣味にする

何よりも、読書は楽しいと感じることが大切です。

テレビを見るよりも、ゲームをするよりも楽しい、読書自体が何よりも楽しい趣味となれば最高ですよ。

低コストで、人生のヒントが得られる最高の趣味の一つが読書ではないでしょうか。

我々人間は、知識を得ることによって進化をしてきました。
本来は、新しい知識を学ぶことは楽しいことのはずです。

読書を楽しいと思える素質は全ての人が持っています。

たくさんの本を読んで人生に役立てていきましょう。

たくさんのジャンルの本を読む

読書量を増やすことは素晴らしいことですが、ビジネス書や自己啓発本を読むことが全てではないと思っています。

他にも小説やエッセイ、漫画、もしくは雑誌などから得られるものも多い。

漫画ではなく活字を読みなさいと、周りからは言われるかも知れませんが漫画から学べることだってあるはずです。
漫画が入り口となって、小説へ、そして活字へと徐々に難しい本にも抵抗がなくなっていくかも知れません。

小説を読めば、頭の中で素晴らしい物語を追体験できます。
文字という情報しかないからこそ、言葉の美しさや表現力を感じることができるし、自分の頭の中で想像力を働かせて脳を活性化することもできる。

どんなジャンルであれ本を読むことは素晴らしいことです。
幅広いジャンルの本を読みましょう!

本は読み続けることに意味がある

本で人生が変わったと言う人達は、多分人生が変わった今でも本を読み続けています。

実際、世界の名だたる企業家は多くの人が読書家で、成功した今でも、時間がなくても読書の習慣が途絶えることはありません。

例えば、自己啓発本を読んだ後のあなたは、やる気に満ちていることでしょう。
なにかしらの行動を起こすかもしれませんね。

しかし、1週間後に同じやる気を維持できているでしょうか。
1ヶ月後は?1年後は?

どんなに素晴らしい本に出会ったとしても、それを1回読んだだけで成功できる人はごく僅かでしょう。

大事なのは、本からやる気をもらって、そのやる気がなくなってしまう前に、また本を読んでやる気をもらうこと。

お気に入りの本を繰り返し読むのでもいいし、新しい本との出会いを求めても構いません。

本を読み続けていれば、少しずつ人生が良い方向に開けてくるはずです。

読書量を増やす方法【まとめ】

この記事では『読書量を増やす具体的な方法』を解説しました。

要点のまとめ

  • 素晴らしい本との出会いこそが、もっと本を読みたい衝動に繋がる
  • なんとなく無駄にしていた時間は読書時間に使おう
  • とにかく読書量を増やしたいなら読み放題サービスが便利

この記事を最後まで読んでくれた人であれば既に、本を読むことで得られるメリットは、それはそれは素晴らしいものであると理解していることでしょう。

そして限られた時間の中で、もっと本を読みたいと思っているはずです。

確かに読書量を増やす目的で、様々なテクニックが存在しています。
しかし、テクニックを駆使したところで、ただ読書の量をこなせるだけ。

一番重要なことは、素晴らしい本と出会い、読書を純粋に楽しむこと。

やらなければという使命感で読書をするのではなく、単純に読書は楽しいものであると理解すること。

読書が楽しくなれば、さらに色々な素晴らしい本との出会いも増え、自然と読書量が増えていくはずです。

それでは、素晴らしい読書ライフを!

Kindle Unlimitedの無料体験をしてみる

体験期間中に解約すれば料金はかかりません

Audibleの無料体験をしてみる

体験期間中に解約すれば料金はかかりません

読書量を増やすためのおすすめ記事もチェック!

-読書
-, ,

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.