Lifestyle

食品の保存容器は耐熱ガラスがおすすめ!【便利で見た目もおしゃれ】

heat-resistant-glass-storage-container

皆さんは、食品の保存容器には何を使っていますか?

一般的に広く使われているものはプラスチック性のタッパーだと思います。

私もタッパーを使っていましたが、耐熱ガラス容器に代えたところ非常に満足度が高かったので皆さんに共有できればと記事にしています。

今回の内容

耐熱ガラスの魅力が伝われば幸いです。

インスタにも簡単にまとめたものを投稿しています、興味がある方はこちらもご覧下さい。

食品の保存容器は耐熱ガラスがおすすめ!

機能性がすごい

耐熱ガラスは機能性が高く保存容器として非常に優れています。

具体的には

  • 熱に強い
  • 油汚れに強い
  • 色移りしない
  • 匂い移りしない

まず、熱に強いので調理してからすぐの熱々のものを入れても問題ありません。

油汚れに強く、油がびっしりついていても洗剤で簡単に落とすことができます。

個人的にはこれが一番の評価ポイントだと思います。

洗い物が楽なのは日々の負担とストレスを少し解消してくれます。

そして、ガラスは安定した構造であるため、食品の色や匂いが移りにくいです。

プラスチックタッパーの中に色や匂いのキツい食品を長時間入れておくと色や匂いが容器に染み付いてしまいますがその心配はありません。

特に色や匂いが移りやすい『酢の物』や『カレー』などを保存する際にも問題なく使用できます。

見た目もおしゃれ

ガラスは見た目がおしゃれであるという点もポイントの一つです。

保存容器としてだけでなく、お皿としても違和感なく使うことができますので一石二鳥ですね。

作り置きを保存しておいて、そのまま食卓に並べることも可能です。

調理にも使える

耐熱ガラスには電子レンジをオーブンを使うことができるものもあります。

冷えたものを温め直すのはもちろんのこと、調理にも使えるのでこれ一つで色々な活躍ができます。

私が使用しているものは電子レンジ、オーブン両方使用可能でとても便利です。

ただ、オーブンを使う場合のみ蓋を外して使いますので説明書は一度目を通した方が無難です。

長く使える

プラスチックタッパーは傷つきやすいので使用しているうちに、小さな傷がついたりと衛生的な観点からみると長く使うのはおすすめできません。

一方で耐熱ガラスは小さな傷が着く心配もないので衛生的に長く使うことができます。

落として割れない限りは一生使えるのではと思えるほど耐久性は高いと思います。

脱プラスチックできる

最近では、プラスチックの環境問題や人体への問題が叫ばれるようになってきました。

プラスチックは安く大量生産できる代わりにデメリットも大きいと言えます。

特に食品を保存する容器では直接体内へ入る食べ物を保存するわけなので、人体への影響がより心配になります。

食品の保存容器をプラスチック製のものから耐熱ガラスに代えることで、プラスチックの使用を一つ減らすことができます。

どうせ使うなら安全性が高い方がいいですよね。

耐熱ガラスのデメリット

ちょっとここが心配

私は耐熱ガラスにしてからかなり満足度が高いですが、あえてデメリット挙げるとすれば以下の3点です。

  • 値段が高い
  • 割れる
  • 重い

値段が高いといってもプラスチックタッパーと比較すると高いということです。

長く使えるという点を考慮すると決して高い買い物ではないと思っています。

ガラスなので衝撃には弱いです。

耐衝撃性能はプラスチックに軍配が上がります。

そしてガラスは重量がありますので重いですしプラスチックほど雑に扱うことができません。

これらの点を考慮するとプラスチックタッパーの方が良いという人もいるかもしれませんのでデメリットについても考えてみてください。

プラスチックタッパーとの比較

耐熱ガラス容器とライバルとなってくるのは所謂『タッパー』と呼ばれるプラスチック容器だと思いますのでそれぞれの比較をしてみたいと思います。

機能性耐熱ガラス>プラスチックタッパー
扱いやすさプラスチックタッパー>耐熱ガラス
値段プラスチックタッパー>耐熱ガラス
長く使えるか耐熱ガラス>プラスチックタッパー

機能性を求める人にとって耐熱ガラス容器は最適だと思います。

洗い物が楽な点、調理にも使える点、見た目どれも素晴らしいです。

逆に割れるという特性上、取り扱いに若干注意しなければいけないのでガラスを割りそうで怖いという人には返ってストレスになってしまうかもしれません。

私は油汚れが簡単に落ちてくれて洗い物が格段に楽になったのでとても満足しています。

値段も捉え方は人それぞれです。その人にとって価値があれば多少値が張ってもコスパは高いと思うはずです。

私は長く使っても新品同様の綺麗さを保てるので値段が高いとはあまり思いませんでした。

人それぞれの意見があるので一概に全ての人に無条件におすすめというわけではありませんが、私は購入してとても満足しています。

耐熱ガラスの機能性は食品を保存するのに非常に適しています。

保存容器を探している人や買い替えを検討している人、耐熱ガラス容器を選択肢の一つとして考えてみて下さい。

-Lifestyle
-

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.