Simplelife 持ち物

もう戻れない!コンセント一体型アンカーのモバイルバッテリーが最強

anker-mobile-battery

『普通のモバイルバッテリーには戻れない。』

モバイルバッテリーって使いたい時に充電を切らしていて使えないことがありませんか?

実は、そんな心配が無用なモバイルバッテリーがあります。

コンセント一体型になっているAnker(アンカー)のモバイルバッテリーです。

私は愛用して3年ほどになります。

もう普通のモバイルバッテリーには戻れないと思えるような素晴らしい製品です。

この記事では、Ankerのモバイルバッテリーについて詳しく解説しています。

今回の内容

Anker PowerCore Fusion 5000

私はシンプリストとしてアイテム選びには結構こだわりがある方ですが、そんな私が3年ほど愛用しているアイテム。

Ankerのコンセント一体型モバイルバッテリーです。

この商品なんと、Amazonのレビューが10000件以上もあり、星4.5を獲得しています。

1台で2役のハイブリットアイテムであることから、ミニマリストの中でも御用達のアイテムとなっています。

スペック

  • バッテリー容量:‎5000mAh
  • 最大出力:AC充電器使用時10W / モバイルバッテリー使用時15W
  • 重量:約189g
  • サイズ:約72 x 70 x 31mm
  • ポート数:2(USB-A)
  • フルスピード充電技術:PowerIQ対応
  • コンセント一体型、折り畳み式プラグ
  • カラー:ブラック、ホワイト、レッド

ankerモバイルバッテリーの利点

コンセント一体型で1台2役

何と言っても1番のメリットはコンセント一体型と言うところでしょう。

充電のためのケーブルが必要なく、コンセントに直接挿し込むことができます。

コンセントに挿し込んでいるときは、通常の充電器として使えるので1台2役のアイディア商品です。

通常時は充電器として使いながら、外出時に持ち出せばモバイルバッテリーとして使うことができます。

ズボラでも充電忘れがない

常にコンセントに挿して使っていれば、充電を忘れることがありません。

ズボラな人にはありがたいです。

また、普段モバイルバッテリーを使っていないと勝手に放電されて使いたい時に全然充電されてなかったなんてこともありますよね。

そんな心配も無用です。

たまにしかモバイルバッテリーを使わない人にもおすすめです。

普通の充電器が不要になる

我が家ではこのモバイルバッテリーを2つ、基本コンセントに挿しっぱなしで使用しています。

iPhoneの充電器や、MacBookの充電器が不要になりました。

MacBookの大きな充電器はかなり邪魔になっていましたし、ものを少なくできるのは大きなメリットです。

ポートも2口あるので、同時に複数充電が可能です。

旅行の時に便利

これ一つで充電器とモバイルバッテリーを兼用できるので、荷物を少なくしたい旅行の際にはとても便利です。

直にコンセントに挿し込めるので、充電用のケーブルさえも不要です。

旅行の時には、写真や動画を撮っていると充電が不安になるケースがあると思いますので、モバイルバッテリーがあると安心できます。

気になることろ

バッテリー容量はそこそこ

バッテリー容量は5000mAhとそこまで多くはありません。

最新のiPhoneだと、1回はフル充電することできますが2回充電するバッテリー容量はありません。

個人的には、モバイルバッテリーは緊急用で1回フル充電できれば十分だと思っています。

大容量のモバイルバッテリーを探している方は、後述の上位モデルをおすすめします。

大きいと感じる人もいるかも

サイズ:約72 x 70 x 31mmと大きいと感じる人がいるかもしれません。

重量もそれなりにあります。

超コンパクトではないので注意が必要です。

接続端末の充電が優先

接続端末の充電が優先され、そちらの充電がMAXになったら、モバイルバッテリーの充電が開始される仕様になっています。

あまり気にすることでもないかもしれませんが、両方同時に充電されませんので一応理解しておきましょう。

MacBookの充電器の代わりになるかは個人差あり

私はMacBookの充電器の代わりとして使っていますが、充電によって供給される電力よりも、消費電力が上回ることがあります。

動画編集ソフトや、Photoshopなどを使った重ための作業をする時には、充電しているけどバッテリーが結構減っていきます。

バッテリーは残量は減っていきますが、充電を繋いでいれば長時間作業しても0になるようなことはありません。

作業が終わって電源を落とせば普通に充電されますので、私にとっては問題ありません。

しかし、ノートPCの充電器になるかどうかは、PCの使い方や個人差が大きいと思いますので注意が必要です。

おすすめの人

  • ズボラな人
  • たまにしかモバイルバッテリーを使わない人
  • 荷物を少なくしたい人
  • 旅行によく行く人

充電忘れがないのと、1つで2役という汎用性の高さが魅力です。

一度使うと、普通のモバイルバッテリーには戻れなくなってしまうかもしれません。

上位モデルとの比較

Anker PowerCore Fusion 5000には上位モデルが2つありますので、そちらも紹介します。

自分に最適なものを選んで下さい。

Anker PowerCore III Fusion 5000

改善点

USB-Cポート搭載

従来機はUSB-Aポート2口だったのに対して、USB-Cポート1口、USB-Aポート1口になりました。

充電性能の向上

USB-Cポートは急速充電技術『PowerIQ 3.0 (Gen2)』が搭載されており、充電性能が向上しました。

従来機の最大15wから18wになりフルスピード充電が可能です。

18W (USB-Cポート単体充電時) / 15W (2ポート同時充電時)となっており、2つのポートを同時に使うと若干充電速度が低下します。

低電力モード搭載

定電力モードの搭載により、イヤホンやスマートウォッチ等の入力電流が低い製品でも安心して充電が可能です。

デメリット

  • バッテリー容量が若干少なくなった
  • 軽くなったが、若干大きくなった
  • カラーがホワイトのみ
  • 高価になった

Anker PowerCore Fusion 10000

改善点

充電性能のさらなる向上

USB-Cポートは最大出力20wとなりiPhone12を30分で50%充電することが可能です。

バッテリー容量の向上

従来機の約2倍、9700mAhとなりました。

これで、バッテリー容量に不安があった人も安心です。

カラーが3色に戻った

ブラック、ホワイト、レッドの3色です。

デメリット

  • さらに大きくなった
  • さらに高価になった

重さが100gほど重くなっています。

大きくなりましたが、重さの変化に対して大きくなりすぎていないのが素晴らしいと思います。

性能が向上した分、高価になるのは仕方ないですね。

コンセント一体型モバイルバッテリーは素晴らしい

コンセント一体型のモバイルバッテリーは使い勝手がよく素晴らしい製品です。

私は便利すぎて2つ使用しているほど。

おそらく今後も使い続けるでしょう。

上位機種も出てきてより使いやすくなっています。

気になった方は是非試してみて下さい。

よく読まれている記事

favorite-all-black-item 1

普段よく身につけるものは色を統一するとそれだけで気分が上がります。 さまざまな色が混ざるのも素敵ですが、私は統一してシンプルにしたい。 この記事ではシンプリストの私が愛用している、普段身につけるオール ...

favorite-consumables 2

『たとえ消耗品であっても、いいものはいい。』 みなさんはリピートして使っている消耗品はありますか? 人は新しいものに惹かれる性質を持っています。それを踏まえた上で、リピートしている物は本当にお気に入り ...

reduction-of-fixed-costs 3

『固定費を減らせば楽になる。』 固定費を何とか節約したい固定費が高くて貯金まで手が回らない生活費を少なくしてもっと楽に暮らしたい 固定費に悩まされている人も多いのではないでしょうか? この記事では、私 ...

anker-mobile-battery 4

『普通のモバイルバッテリーには戻れない。』 モバイルバッテリーって使いたい時に充電を切らしていて使えないことがありませんか? 実は、そんな心配が無用なモバイルバッテリーがあります。 コンセント一体型に ...

recommended-subscription-service 5

『サブスクは賢く利用する』 サブスク選びで失敗してしまった、値段以上の価値を感じなかった、そんな失敗をしてしまった人もいるかと思います。 サブスク選びは、自分のライフスタイルと相談することが大切です。 ...

-Simplelife, 持ち物
-

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.