部屋

【狭い部屋にしかないメリット】小さな部屋で快適に過ごすコツ

advantages-of-a-small-room

最近はコスパのいい狭い部屋をあえて選ぶ人も増えてきました。
狭い部屋での暮らしって実際にどうなの?って気になっている人も多いと思います。

この記事では実際に1k7.2畳でミニマルな暮らしをしている私が、狭い部屋の暮らしについて紹介しています。

  • 狭い部屋のメリットデメリット
  • 狭い部屋の部屋選びのコツ
  • 狭い部屋で快適に暮らすコツ

こんな疑問を解決します。

目次

  1. 狭い部屋で暮らすメリットとデメリット
  2. 狭い部屋を選ぶ上でのポイント
  3. 狭い部屋でも快適に楽しく暮らすコツ

狭い部屋で暮らすメリットとデメリット

狭い部屋で暮らすメリット

まずは狭い部屋のメリットから。
狭い部屋の主なメリットは以下の4つです。

  • 家賃が安いこと
  • 光熱費が安いこと
  • 掃除が楽なこと
  • 物が増えないこと

家賃が安いこと

家賃が安いことは最大のメリットだと思います。
固定費が下がることで、金銭的だけでなく、精神的にも楽になる効果があるからです。

家賃の支払いがキツいと、メンタルも不安になりますよね。

お金の不安を抱えながら生活するよりも、狭い部屋で気楽に暮らした方がQOLが高くなるのではないでしょうか。

暮らしが楽だと自分が本当にやりたいことにお金を使えるようになりますよ。

光熱費が安いこと

狭い部屋は光熱費も安くなります。
なぜなら、空間が狭いので効率が良いから。

例えば、エアコンが効きやすいですし、照明も少なくてすみます。

光熱費が安いことも、固定費削減に繋がっています。

“関連記事”
summary-of-savings
【超節約生活30選まとめ】楽しく無理しない一人暮らし

『楽しく無理のない節約』 楽しく節約するには、自分に適した方法で節約をすることが大切です。 この記事では具体的に30個の節約方法を掲載しました。自分自身のライフスタイルに合わせて決して無理せずに、参考 ...

続きを見る

掃除が楽なこと

狭い部屋は掃除が楽です。
物理的に掃除をする面積が少ないですし、物も少ない傾向にあるので、掃除の手間も増えにくいからです。

また、探し物が見つかりやすいなどの副次的なメリットもあります。

今まで手間だった時間を自分の時間へと還元することができます。

物が増えないこと

狭い部屋で暮らしていると物が増えにくいです。
なぜなら、物理的に物が置けないからです。

大きな部屋と同じで物も所有すれば所有するだけ支払うコストが多くなります。

小さな部屋で少ないもので暮らすと、モノに縛られないシンプルな暮らしが実践できます。

“関連記事”
simplist-life
【シンプリストの生き方】お気に入りと暮らすシンプルライフ

現代ってめっちゃ複雑ですよね。今を生きにくいって人多いんじゃないですか? だからこそシンプリストって生き方が注目されてきていると思うんです。 シンプリストって何?シンプルに生きるメリットシンプルに生き ...

続きを見る

狭い部屋で暮らすデメリット

メリットがあれば必ずデメリットも存在する。

狭い部屋で暮らすデメリットは主に4つ。

  • 大型の家具が置けない
  • 収納が少ない
  • 大人数を家に呼べない
  • 料理した時に匂いがこもりやすい

大型の家具が置けない

大型の家具は狭い部屋に置きにくいです。
仮に置けたとしても、部屋の大部分のスペースを占領することになります。

キングサイズのベッドで眠りたい人にとってはマイナスポイントです。

大きな本棚や大型テレビなども、部屋を圧迫する原因になってしまいます。

収納が少ない

狭い部屋は収納が少ない傾向にあるため、収納に工夫が必要になります。

クローゼットや、キッチン収納など、自分のライフスタイルに合わせて最低限の収納は必要です。

しかし、収納が少ないことによって物が増えにくいとも言い換えることができるので考え方によってはメリットです。

大人数を家に呼べない

狭い部屋には大人数を招待するのが少し気が引けます。

部屋の大きさが狭いだけでなく、ほとんどの物がひとり用のサイズになることも原因の一つです。

お部屋に仲のいい友人を呼んでワイワイやりたいという人にはマイナスポイント。

料理した時に匂いがこもりやすい

空間が狭いので料理をした時に匂いがこもりやすいです。
特にワンルームだとキッチンとリビングの境がないので、料理の匂いがダイレクトに来ます。

家で焼肉をしようものならベッドに匂いが移って、焼肉の匂いの中眠ることになります。

料理をするときはしっかりと換気扇を回しましょう。

狭い部屋がおすすめの人

メリットとデメリットを考慮すると、狭い部屋がおすすめな人は

  • ミニマル思考の人
  • まったりと気楽に暮らしたい人
  • 環境を変えながら生きていきたい人

それぞれ解説していきます。

ミニマル思考の人

最低限のもので暮らすミニマリストにとって狭い部屋は最適です。

少ないもので満足できるのわざわざ大きなスペースにお金をかける必要がありません。

ミニマリストになりたい人はまずは、負担にならない範囲で家賃を下げ狭い部屋を選ぶのもありだと思います。

まったりと気楽に暮らしたい人

狭い部屋は、結構落ち着きます。
なぜなら、暮らしが自分の許容量を超えにくいからです。

光熱費も安い、掃除も楽、家具も大き過ぎないで管理しやすいです。

仮に、ベッドのサイズをワンサイズアップさせたら、必要なスペースが増えるだけじゃないんです。
マットレスも布団もベッドシーツも全てのサイズが上がります。

当然シーツの洗濯が大変になりますし、シーツの交換も重労働になります。

自分らしく見栄を張らずに気楽に暮らしたい人には狭い部屋はおすすめです。

環境を変えながら生きていきたい人

転勤などで環境を変えながら生活しなければいけない人にもおすすめです。

居住費にかけるコストが少なくなるので次の環境に移りやすいからですね。

物も増え過ぎないので引っ越しの荷造りも楽だし費用も安いです。

いろんな経験をしながら生活していきたい人には狭い部屋がおすすめです。

狭い部屋を選ぶ上でのポイント

狭い部屋と言っても、何も考えずに選ぶべきではありません。
狭い部屋を選ぶ上での4つのポイントを紹介します。

  • バストイレは別
  • セキュリティはガバガバ過ぎないか
  • 最低限の収納
  • 料理をするならキッチンは譲るな

バストイレは別

『バストトイレは別』個人的にはこれだけは譲れない条件です。
理由は、衛生的に嫌だから。

トイレの隣に風呂があって、風呂に入っている時にくつろげますか?

もちろん気にしないという人もいるでしょうが、私は風呂でしっかりリラックスしたいので譲れません。

もし譲れない条件があるのであれば、部屋選びの時に妥協すると後々後悔します。

セキュリティが最低限整っている

最低限のセキュリティは必要です。

家賃の安さを追求するあまり、セキュリティが疎かになってしまうことは避けなければいけません。
万が一のことがあってからでは遅いからです。

どんなに居心地の良い空間だったとしても、セキュリティが怪しいと本当の意味でリラックスできませんから。

最低限の収納は確保する

自分の持ち物の量に合わせて最低限の収納があるかどうかを確認しましょう。

狭い部屋に収納のためのアイテムを置きすぎると、狭さが際立ってしまいます。

狭い部屋を有意義に使えるように、備え付けの収納スペースは十分かどうかチェックしましょう。

料理をするならキッチンは譲るな

料理をするならキッチンは譲るべきではないと思います。
ワンルームにありがちな超狭いキッチンは想像以上に料理がしにくいからです。

広々としたキッチンは必要ありませんが、まな板と包丁を安全に使えるくらいのスペースは必要です。

逆に自炊をしないよという人はキッチンのレベルを下げて家賃のコストを抑えるのがおすすめです。

狭い部屋でも快適に楽しく暮らすコツ

最後に狭い部屋で快適に暮らすためのポイントを紹介します。

断捨離をする

狭い部屋で快適に過ごすポイントとして一番大事なのが不要なものを断捨離することです。
やはり物が多すぎると、狭い部屋では快適に暮らせませんからね。

無理に断捨離をする必要はありませんが、不要な物がなくなるだけで、部屋もそして自分の心もスッキリします。

“関連記事”
Talk about decluttering
【断捨離について本気で語る】捨てて気づいた大切な事 シンプルに暮らす

断捨離とはただモノを捨てるだけじゃない。 本当に大事なことを教えてくれる、自分と向き合う作業でもある。断捨離をすると本当に変わると私は思っています。 この記事では、私が断捨離について思うことを余すこと ...

続きを見る

インテリアを工夫する

狭い部屋でもインテリアは楽しむことができます。

むしろ狭い部屋なりに工夫することが楽しみの一つだったりします。

スペースに制限がある中で、自分のお気に入りのもので作る部屋は愛着が湧きますよ。

“関連記事”
simple-room
【シンプリストの部屋公開】シンプルに取り憑かれた一人暮らし

シンプルに暮らすシンプリストの部屋に興味はありますか? シンプリストの部屋ってどんな感じ?シンプルな部屋を作るポイントは?断捨離中、部屋作りの参考にしたい こんな疑問に答えます。 この記事ではシンプル ...

続きを見る

収納を工夫する

収納がやっぱり足りないとなった時には、収納にも一工夫を加えましょう。

おすすめは狭いスペースを利用できるような収納にすること。

例えば、収納スペースが一体型になったベッドフレームを使う。
吊るせる収納を使うなど。

“関連記事”
storage-to-hang
無印良品、吊るす収納が便利すぎた【スッキリさせたいならコレ!】

『収納のアイディア、吊るす』 収納スペースがない、、効率良い収納方法が知りたい、、 そんな人には、吊るすという収納方法をおすすめします。 私は実際に吊るす収納ユーザーで、これのおかげでクローゼットをス ...

続きを見る

狭い部屋に住むことは恥ずかしいことじゃない

狭い部屋に住むことは恥ずかしいことではありません。

狭い部屋でも楽しく暮らせると認識を改めることが、楽しく暮らすコツでもあります。

狭い部屋には狭い部屋なりのメリットがあるのです。

そのメリットを生かして、狭い部屋での暮らしを楽しんでいきましょう。

よく読まれている記事

simplist-all-item 1

20代男性一人暮らしシンプリストの全ての持ち物のリストです。 物の数は少ないですが、その分こだわりとお気に入りが詰まったアイテムたち。どれもシンプリストのシンプルな生活を支えるアイテムです。 この記事 ...

simplist-life 2

現代ってめっちゃ複雑ですよね。今を生きにくいって人多いんじゃないですか? だからこそシンプリストって生き方が注目されてきていると思うんです。 シンプリストって何? シンプルに生きるメリット シンプルに ...

simple-fashion 3

シンプルだけどおしゃれなファッションは素敵ですよね。 しかし何となく数が増えてしまいがちな洋服、、シンプルにおしゃれを楽しむのは案外難しいのかもしれません。 シンプリストの服が見たい 少ない服でおしゃ ...

Talk about decluttering 4

断捨離とはただモノを捨てるだけじゃない。 本当に大事なことを教えてくれる、自分と向き合う作業でもある。断捨離をすると本当に変わると私は思っています。 この記事では、私が断捨離について思うことを余すこと ...

simple-room 5

シンプルに暮らすシンプリストの部屋に興味はありますか? シンプリストの部屋ってどんな感じ? シンプルな部屋を作るポイントは? 断捨離中、部屋作りの参考にしたい こんな疑問に答えます。 この記事ではシン ...

summary-of-savings 6

『楽しく無理のない節約』 楽しく節約するには、自分に適した方法で節約をすることが大切です。 この記事では具体的に30個の節約方法を掲載しました。自分自身のライフスタイルに合わせて決して無理せずに、参考 ...

-部屋
-, , ,

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.