Simplelife 部屋

狭い部屋には狭いなりのメリットがある!【広ければいいは間違い】

advantages-of-a-small-room

『お部屋の広さに満足していますか?』

今住んでいるお部屋は狭くて、もっと広いお部屋に住みたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

でも狭い部屋にもメリットはあるんです。

この記事では、あえて狭い部屋に住むメリットを紹介しています。

狭い部屋で満足できるようになれば固定費がグッと抑えられるのでメリットは大きいですよ。

今回の内容

Instagramには簡単なまとめを投稿しています、興味がある方はこちらもご覧ください。

狭い部屋には狭いなりのメリットがある!【広ければいいは間違い】

メリット7選

  • 家賃が安い
  • エアコンが効きやすい
  • 光熱費が安い
  • ものが増え過ぎない
  • 掃除が楽
  • 探し物が見つかりやすい
  • 狭い中工夫するのが楽しい

狭い部屋なりのメリットです。

狭い部屋はとにかく楽。これに尽きます。

家賃が安く、たくさんの家具を用意しなくてもいい、おまけに掃除も楽だし、とにかく楽に暮らしたいという人には狭い部屋がおすすめです。

広い部屋と狭い部屋どちらにも住んだことがある人ならわかると思いますが、掃除の手間とか全然違います。

些細なことですが移動距離も少なくなるので時短効果もありです。

ズボラな人にこそ狭いお部屋は向いています。

固定費を下げられるのは最大の強み

固定費を下げられれば金銭的に安定するのはもちろんですが、メンタルが安定するという側面もあります。

それは、金銭的な不安はそのまま精神的な不安に直結するからです。

見栄を張り無理をしてまで広い部屋に住んだとしても、金銭的にも精神的にも消耗していくだけです。

それではQOLは上がりません。

お金に悩んで生活するよりも、狭い部屋で気楽に過ごしていた方がQOLは上がるでしょう。

狭い部屋は家賃が安い傾向にあるのはもちろんですが、エアコンが効きやすい、照明が少なくてすむなど、光熱費も節約することができます。

さらに物理的にものが増え過ぎないので、その点でも節約になります。

結果的に家賃の差以上の節約効果があります。

引っ越しも安く済み、荷造りの手間も少ないおまけ付きです。

固定費の節約はメンタルの安定です。
そして、固定費を最も簡単に節約できるのが家賃を下げること。

狭い部屋に住むのは想像以上にメリットがあるのです。

手間が少ない

狭い部屋は掃除が楽、探し物がすぐに見つかるなど手間が少ないです。

面倒くさがりの人ほど狭い部屋のメリットを享受できると思います。

手間が少なくなるとその分自分の時間を生み出せるので、勉強や自己投資の時間にあてることができます。

今まで部屋の管理に時間を使っていたその時間を自分に還元することができるのです。

見栄のためだけに大きな部屋に憧れているならもう一度考え直した方がいいです。

固定費が増えるだけでなく手間も増えるので本当に必要か考えてみてください。

手間が減るだけで驚くほど生活が楽になりますよ。

もちろんデメリットもある

デメリットも吟味しよう

物事にはメリットとデメリットの両方があります。

狭い部屋にもメリットのほかにデメリットがあるのも事実。

後悔しないためにはデメリットについても考える必要があるため、狭い部屋のデメリットも紹介します。

  • キッチンが狭い
  • 冷蔵庫の置き場所に困る
  • 調理コンロの数
  • 匂いがこもりやすい
  • 大人数を部屋に呼びずらい
  • クローゼットにロングコートがかけられない

クローゼットにロングコートがかけられないは完全に今の私の悩みです。
(よく考えないで決めた自分が悪いです、、)

お部屋の造りや人によってデメリットは変わってくると思いますので、これが全てではないので自分なりにデメリットについて考えてみてください。

自炊をする人は注意

狭い部屋はキッチンも狭い傾向にあります。

狭いキッチンは自炊メインの人だと注意が必要です。

もちろん狭いキッチンでも料理はできますが、やりずらいのは事実。

大きすぎるスペースはありませんが、包丁を安全に扱えるくらいのスペースは必要です。

調理コンロの数も場合によっては2口使いたい場面もあるかと思いますのでこちらも要検討ですね。

あと注意したいのが、料理をした時の匂いが残りやすいということ。

洗濯物を室内干ししているときに匂いが移ると最悪です。

狭い部屋では特に換気の設備がしっかりしているか確認する必要があります。

事前にチェックは必要

どんなお部屋でもデメリットが0ではないので事前に見てみるのが一番です。

狭い部屋のメリットとデメリットを考えた上で決定したいところ。

今ではオンラインで内見できるシステムが普及してきているので、現地にいけないという人でも実際にお部屋をチェックすることができますね。

面倒くさがらずに事前チェックをすることで失敗が少なくなります。

適正なサイズを選ぶ

広ければ広いほど良いは間違い

部屋が広ければ広いほどいいというのは間違いです。

広ければ広いだけお金も手間も増えるからです。

ただ、大きな広いお家に憧れる気持ちもわかります。

でも、広いお部屋のメリットをパッと思いつきますか?

なんとなく広い方がおしゃれだからとか、なんとなく豪華な暮らしがしたいとかその程度の理由しか考えていないのならおそらく持て余します。

小さいお部屋にも小さいなりのメリットがあります。

自分の身の丈にあった暮らしを選択した方が、生活も気持ちも楽になります。

自分の暮らしに合った部屋を選ぶ

大事なのは自分の暮らしに最適な大きさを選ぶことです。

広いお部屋が必要な人も、もちろんいるでしょう。

そういう人は広いお部屋がその人の暮らしにあったお部屋です。

そもそも広いとか狭いとかも個人の主観でしかありませんから大きさで語るものではないのかもしれませんね。

本当に自分に必要な部屋を見極めることが部屋選びで最も重要なことかもしれません。

impression-of-roomba
私の一人暮らしにルンバはいらない。どんな人におすすめ?

先日ルンバを2週間レンタルしました。 ずいぶん前から気になっていた『ルンバ』。 公式よりレンタルサービスがあることを知り、お試しで使ってみることに。 レンタルして実際に使ってみて、私にルンバは必要ない ...

続きを見る

よく読まれている記事

favorite-all-black-item 1

普段よく身につけるものは色を統一するとそれだけで気分が上がります。 さまざまな色が混ざるのも素敵ですが、私は統一してシンプルにしたい。 この記事ではシンプリストの私が愛用している、普段身につけるオール ...

favorite-consumables 2

『たとえ消耗品であっても、いいものはいい。』 みなさんはリピートして使っている消耗品はありますか? 人は新しいものに惹かれる性質を持っています。それを踏まえた上で、リピートしている物は本当にお気に入り ...

reduction-of-fixed-costs 3

『固定費を減らせば楽になる。』 固定費を何とか節約したい 固定費が高くて貯金まで手が回らない 生活費を少なくしてもっと楽に暮らしたい 固定費に悩まされている人も多いのではないでしょうか? この記事では ...

anker-mobile-battery 4

『普通のモバイルバッテリーには戻れない。』 モバイルバッテリーって使いたい時に充電を切らしていて使えないことがありませんか? 実は、そんな心配が無用なモバイルバッテリーがあります。 コンセント一体型に ...

recommended-subscription-service 5

『サブスクは賢く利用する』 サブスク選びで失敗してしまった、値段以上の価値を感じなかった、そんな失敗をしてしまった人もいるかと思います。 サブスク選びは、自分のライフスタイルと相談することが大切です。 ...

-Simplelife, 部屋
-,

Copyright © soarlog , 2021 All Rights Reserved.